日帰り手術

もりた眼科クリニックは湘南ベルマーレを応援しています

一般眼科

小児眼科

白内障

緑内障

加齢黄斑変性

糖尿病網膜症

ドライアイ

花粉症

日帰り手術

QRコードで簡単アクセス

まちねっと

患者の気持ち

白内障の手術

● 手術前検査

問題なく手術を行えるか次のような検査をします。

  • 眼底検査(網膜の状態を調べる)
  • 細隙灯顕微鏡検査(水晶体に濁りの状態を調べる)
  • 角膜内皮細胞検査(角膜の内皮細胞が減っていないか調べる)
  • 眼軸長検査(眼内レンズの度数を決める)
  • 問診、血圧検査

● 手術

  1. 黒目(角膜)と白目(強膜)の境目あたりに幅3mm弱の創を作成します。約5ミクロンほどの水晶体の皮を円形にくりぬきます
  2. 超音波装置を用いて、水晶体を砕き、吸引します
  3. 人工水晶体(眼内レンズ)を挿入します。
  4. もともとの水晶体の袋の中に、眼内レンズをおさめて手術を終了します

● 手術後

手術後から2週間下記の症状が表れますが、数日から1~2週間ほどで治ります。

  • 目が充血する
  • 目がゴロゴロする
  • 涙がでる
  • 目がかすむ

[手術後の注意点]

  1. 入浴や洗顔は1週間ぐらい避ける
  2. 目を押したり、こすったりしない
  3. 転んだり、ぶつけないよう注意する

多焦点眼内レンズを取り扱っております

多焦点眼内レンズは、光の性質(屈折や回折)を利用して、遠くと近くの2箇所に焦点が合うように設計されています。遠方も近方も両方ピントが合うためほとんどの場合、眼鏡が必要なくなります。なお、多焦点眼内レンズは健康保険適用外になります。