加齢黄斑変性

もりた眼科クリニックは湘南ベルマーレを応援しています

一般眼科

小児眼科

白内障

緑内障

加齢黄斑変性

糖尿病網膜症

ドライアイ

花粉症

日帰り手術

QRコードで簡単アクセス

まちねっと

患者の気持ち

加齢黄斑変性とは

加齢黄斑変性は加齢により網膜の中心部である黄斑に障害が生じ、見るものがゆがみ、中心部がぼやけてしまい、視力が低下します。

50歳を過ぎた頃から見られ、 高齢になるほど多くなる病気です。


高齢化と生活の欧米化により近年著しく増加しています。


主な症状

以下のような症状が出た場合、早めに当院までご相談ください。


  • 見ようとするもの(中心部)が見えない 
  • ものがゆがんで見える
  • 視力低下 など

加齢黄斑変性の予防

加齢黄斑変性の発症のリスクを高める原因として喫煙、肥満などが挙げられます。 特に喫煙による酸化ストレスが眼に蓄積すると、眼の炎症を引き起こしやすくなり、発症の原因となってしまいます。
そのため加齢黄斑変性の発症予防や、進行を遅らせるためには禁煙が非常に重要です。

また、毎日の食生活も大切です。緑黄色野菜やミネラルの多い食物を十分に摂取しましょう。予防のためのサプリメントもあります。

加齢黄斑変性の治療

● 抗VEGF薬硝子体注射療法

脈絡膜新生血管の成長を活発化させる体内のVEGF(血管内皮増殖因子)という物質の働きを抑える薬を眼に注射する治療です。

薬を眼の中に注射することで、加齢黄斑変性の原因である新生血管の増殖や成長を抑えます。