糖尿病網膜症とは

もりた眼科クリニックは湘南ベルマーレを応援しています

一般眼科

小児眼科

白内障

緑内障

加齢黄斑変性

糖尿病網膜症

ドライアイ

花粉症

日帰り手術

QRコードで簡単アクセス

まちねっと

患者の気持ち

糖尿病網膜症

糖尿病網膜症は、糖尿病の三大合併症の一つです。
網膜の血管が膨れたり、閉塞したり、破れたりするために網膜や硝子体などに異常が出てくる病気で、視力が良くても網膜症がおこっていることが少なくありません。
糖尿病になってから数年経過して発症するといわれていますが、初期の頃にはほとんど自覚症状がありませんので、糖尿病と診断されたら、定期的に検査を受ける事が大切です。
気がつかないうちに病気が進行してしまい、ある日突然、眼底に大出血を起こして失明の危機にさらされることもあります。

糖尿病と診断された方は、自覚症状がなくても定期的に検査を受けることをお勧めします。

糖尿病網膜症の進行

糖尿病網膜症は、進行の程度によって、3段階の症状に分けられます。


● 単純網膜症

自覚症状や視力低下は全くありません。内科的な血糖コントロールを行いながら経過を観察しながら進行を防ぎます。


● 前増殖網膜症

網膜の毛細血管の流れが悪くなり、網膜の栄養不足・酸素不足が進行してくると、網膜に出血やむくみがでてきます。
レーザーによる治療を適宜行う必要があります。


● 増殖網膜症

網膜の酸欠が進み、酸素を送り込むために新生血管が発生します。 新生血管が破れ、硝子体から出血がおこると、視力低下の症状が出てきます。

糖尿病網膜症の末期状態で、レーザーによる治療を行ったり、時には手術が必要になることもあります。

糖尿病網膜症の治療

● 血糖コントロール

初期であれば「食事療法」「運動療法」「薬物療法」により、血糖値をコントロールすることで悪化を防ぐことができます。

血糖値を安定した状態に保つことができれば、小さな出血などは自然に消えることもあります。


● レーザーによる治療

網膜症の進行具合によって、レーザーで網膜を焼く光凝固治療を行います。
早期発見ができれば、レーザー治療はたいへん有効で、視機能の回復は難しいといわれますが、将来の失明予防のために重要な治療法です。

糖尿病と診断されたことのある方、高血糖を健診で指摘された方は、定期的に眼科にて検査を受け、早期発見・早期治療をされることをお勧めします。